公式コメント


大会長挨拶(2012/10/01)

"abc the11th"及び"EQIDEN2013"の大会長を務めさせていただきます、小鍋と申します。

abcには参加者として過去6回参加させていただきました。 当時クイズといえば「アタック25」や「高校生クイズ」などしかイメージがなかった自分としては、 シンプルかつ整頓されたルール、短文早押しクイズのガチンコ勝負、そしてそれを支える数々のシステムにたちどころに魅了されてしまいました。 ninth(9th)をもって参加者を卒業し、スタッフとして参加をした後も、ペーパーを真剣に解いたり、クイズの1問1問の結果に一喜一憂したり、いきいきとクイズに向かっている皆さんの表情を見るのが非常に楽しかったです。

前任者である西田さんから次期大会長の依頼を受けた時には少し悩みましたが、 学生(特に毎年abcを目標にしてくださっている)の皆さんの期待に応えるため、過去自分を楽しませていただいたスタッフの皆様に恩返しするために、僭越ながら大会長をさせていただくことになりました。

大会長としての目標ですが、前任者である西田さんに敬意を表しまして

  • 「10年後も無理なく続けられるabcを創る」
  • 「時代に即したクイズを提供する」

を今年も使わせていただくことにしました。

有難いことに、abcは毎年前年を超える参加者に来ていただいております。 過去のスタッフの皆さんは、参加者が増大するたび、苦労を惜しまず知恵を絞って大会を続けられてきました。 その負担は、仕事の合間に大会運営をされている方にとってかなり大きいものであることは想像に難くありません。

abc the11thでも、参加者の皆様に楽しんでいただくのと同時に、スタッフを務められる社会人の皆様にとっても負担にならず、楽しむことができるような運営をしていけるよう努力をしていきたいと思います。 そして、多くの参加者の方に、「参加者を卒業したら運営に回ってみたい」と思わせることができるようなabcをつくっていきたいと考えています。

2つ目に関してですが、この大会が始まった10年前と比べると参加者の人数だけではなく、参加者のレベルや問題の流行、そしてabcに対して求められるものも当然のことながら変化していきます。

abcは最も多くの学生が集まる大会です。そのため、学生の皆さんにとって大会や企画の「お手本」となるものを作らなければいけないと考えております。 また、それだけでなく折角数あるオープンの中からこのオープンに来ていただいているわけですから、「abcでしか味わえないもの」もとことん追求していきたいと考えております。

来年の3月24日、大田区民センターで皆さんとお会いできることを楽しみにしております。 どうぞよろしくお願いいたします。


前回からの変更点(2012/10/01)

前回と比べて大きく4つの変更点があります。

1つは終了時間を「20時」にしたことです。 実は8thから『一心精進』様には大会終了時刻は20時とお伝えしていたのですが、パンフレットのタイムスケジュールは19で終了するような内容でした。 今回からはパンフレットにも「20時終了」をベースにスケジュールを組むことにいたしました。 このため、参加者・スタッフ・観客の皆様には「最も遅い場合で20時になる」ということを想定してスケジュール(帰りの交通など)を組んでいただけるようお願いいたします。

2つはEQIDENを予選から決勝まで通しで行うことです。 これまではabcとEQIDENは内容をいくつかに分割し、交互に進行していましたが 交互に進行を行うことによるスタッフ業務の軽減のため、そして、abcペーパークイズの採点時間の増加のために このような措置を取らせていただきました。 EQIDEN終了後、abcを2Rから決勝まで一気に行うことになるため、参加者にとっては体力的にハードになってしまいますが、 ご理解とご協力を頂けるようお願いいたします。

3つめは、EQIDENの参加費の値上げです。 参加者増加による社会人の負担を出来る限り減らすため、abc/EQIDENにかかるお金は毎年増加しています。 学生のみなさんのために、出来る限りお金による負担は減らしたいと努力したのですが、 申し訳ないのですがこのような措置を取らせていただきました。 参加費を値上げした分、参加した皆様に安心してクイズに取り組んでいただき、そして楽しんでいただけるよう 最大限努力させていただきます。

最後、4つ目は、abcのコース別の変更です。 11thから、これまで行われてきたコース別「10○10休」を廃止し、新たなルールを行うことにいたしました。 abcのルールに関しては、昨年のアンケートで色々なご意見を頂きました。改めて、本当にありがとうございました。 このコース別の変更は、決して賛成が多い意見ではありません。 しかし、ここ数年の参加者の早押しレベルの向上を考え、それに適したルールを提供しなければいけないのではないかという社会人スタッフの考えの下、今回ルールの改訂に踏み切らせていただきました。 この変更により、参加者それぞれの有利・不利が大きく変わってしまうことは承知しております。 しかし、新しいルールも、これまでのルール以上に挑戦しがいのある内容ですし、確実に早押しの能力が問われるコースです。 例会などでためしにやってみて、もしよろしければ是非とも本番で挑戦していただければと思います。

以上、かなり大きな変更点が4つもあり、皆様にはご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、 どうか新しくなったabc/EQIDENでも変わらずご愛玩・ご協力をよろしくお願いいたします。