EQIDEN 2014 参加レギュレーション

以下の要件を満たした「教育機関(単独・連合)」「クイズサークル」がエントリーできる。

  • 学校教育法第一条に基づいて設置された学校教育機関、ならびに他の法律の特別な規定に基づき設置された省庁大学校による学校を「教育機関」と定義する。
  • 登録種別については、以下のように分類する。
    教育機関単独
    abc/EQIDENへの出場可能メンバーが5名以上所属する「教育機関」のサークルによるチーム(活動を共にしている中高一貫校については、こちらに当てはまります)
    教育機関連合
    abc/EQIDENへの出場可能メンバーがそれぞれ1〜4名所属する「教育機関」の2つのサークルによる連合チーム(この際、登録名称は「○○大学・△△大学」というような表記とする。各サークルの出場可能メンバーが5名以上いる場合は、この種別による出場は認めない。)
    クイズサークル
    上記を満たさない全てのクイズサークル(3チーム以上の連合も含む)

サークル構成について

全サークル共通ルール

  1. 出場選手全員が、「abc the12th」の参加権を有していること。
  2. 出場選手全員が、その教育機関・サークルの看板を背負って出場するという意気込みがあること。
  3. 「正選手」の過半数が教育機関に2014年1月1日現在通っている学生(3月卒業は認められます)もしくは社会人であること。
    • 今回から、EQIDENにエントリーする際には「正選手」と「リザーブ選手」を登録していただくことになりました、詳しくはこちら
    • 尚、ここでいう「出場選手」とは、「正選手」と「リザーブ選手」全員を指します。

「教育機関(大学、高校、中学など)単独」の場合

  1. 自チームが冠する教育機関に2014年1月1日現在通っている学生(3月卒業は認められます)が、出場選手に3人以上いること。
  2. 自チームが冠する教育機関に2014年1月1日現在通っていない選手については、「学籍上所属する教育機関で出場不可能な事情の例」があり、その事情をエントリー時に記入してあること。

「教育機関(大学、高校、中学など)連合」の場合

  1. 自チームが冠する教育機関に2014年1月1日現在通っている学生(3月卒業は認められます)が、出場選手にそれぞれ1人以上いること。
  2. 自チームの冠する教育機関に所属するabc/EQIDEN出場可能メンバーがそれぞれのサークルで5名を超えていないこと。5名以上メンバーがいる場合は、教育機関単独でのエントリーをしていただくことになります。
  3. 自チームが冠する教育機関に2014年1月1日現在通っていない選手については、「学籍上所属する教育機関で出場不可能な事情の例」があり、その事情をエントリー時に記入してあること。

「クイズサークル」の場合

  1. 出場選手全員が、「学籍上所属する教育機関で出場不可能な事情の例」があり、その事情をエントリー時に全員分記入してあること。
  2. 「EQIDEN」出場のためだけのサークルでなく、継続的にクイズ活動を続ける意思があること。

エントリーの際の注意点

  • エントリー受付は48チームとする。エントリー多数の場合、こちらの方法で出場優先順位を決定する。
  • 「教育機関」でのエントリーの場合、「教育機関名(○○大学、○○高校など)」と「サークル名」両方をエントリー時に記述する。当日は、「教育機関名」でコールする。
  • 複数チームの重複登録は、正選手、リザーブ選手に関わらず認めない。
  • 参加費は、メンバーの参加によらず「正選手」全員分を納入していただく。ただし、「正選手」の人数分の問題集引き換え券を贈呈する。(例・「正選手」を8人登録して当日6人しか来なくても、1000×8=8,000円納入していただきます。ただし、8冊分の問題集引き換え券を贈呈する。)