title_問題募集.PNG

abc the21stならびにEQIDEN2023では、今年も「大会で使う問題を、社会人の皆様からご提供いただく」という方針で問題を準備する予定です。

問題募集は締め切りました。
多くのご提出ありがとうございました。

abc/EQIDENの「問題募集」の概要
  • 【問題数】
    皆様からの問題のご提出は10問から受け付けます。また、問題傾向が偏ることを防ぐため、お一人の方からご提出いただく問題数の上限は120問とさせていただきます。
  • 【特典】
    問題をご提出いただいた方には、問題数に応じて以下の特典をご用意しております。
    • 10問以上:大会スタッフの一員として、大会公式問題集に氏名を掲載いたします(氏名以外での掲載、もしくは氏名不掲載を希望される場合は、問題提出時にご連絡ください)。
    • 20問以上:大会開催前に実施される問題リハーサルへご招待いたします。
    • 40問以上:大会使用問題のpdfデータを贈呈いたします。
  • 問題をご提出いただいた場合も、観戦料を当日スタッフでない方からは通常通りにいただく予定です。ご了承ください。
  • 【文字数】
    短文問題という性質上、問題文の文字数は原則として60文字以内(読み仮名を除く)に収めてください。
    ※読み仮名の長さを考慮して80文字程度でも採用させていただくことはありますが、それを超えたものは原則採用されないとお考えください。
  • 【問題の改変】
    ご提出いただいた問題の内容を、一部改変したうえで採用する可能性がございます。ご提出にあたり、あらかじめご了承ください。
    ※この点については、クイズ問題ができるまでのページも参考にしていただけると幸いです。
問題提出資格に関する重要な注意
  • 本大会に問題を提出できる方は、abc the21st/EQIDEN2023の出場資格がない方に限られます。
  • たとえ当日大会に出場しない場合であっても、abc the21st/EQIDEN2023に出場資格のある方からの問題は受け付けません。
  • 万一出場資格があることが判明した場合は、問題の受領後に発覚した場合であっても一律採用不可とさせていただきます。
問題を提出するには?

以下のプロセスに従って提出をお願いします。

締め切り: 2022年9月30日(金) 23時59分
問題募集は締め切りました。
  1. 問題を提出する方は「abcの問題スタッフ」という扱いになります。必ずスタッフ共通制約事項のページを確認してください。
  2. 上記の「問題作成の手引き」に必ず目を通してください。
    • 問題作成の手引きには、問題作成についての注意事項や、abc/EQIDENで出題される問題の採用基準を記載しております。
  3. Excelをお持ちの方は、上記の問題提出用Excelファイルをダウンロードし、ファイル内の「21st問題作成ルール」に従って問題を書いていってください。
    • 「21st問題作成ルール」シートには、ジャンルの指定方法など、Excelファイルの仕様に関する詳細を記載しております。必ずご確認ください。
    • Excelをお持ちでない方や、Excelの使い方がわからない方は、各人の独自フォーマットに従い提出していただいてかまいません。ただしその場合、スタッフ側で提出用Excelのフォーマットに沿う形に変換いたします。そのため、締め切り2週間前を目安に問題をご提出ください。締め切り直前に独自フォーマットでご提出いただいても、問題を受理できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
  4. 問題を書き込んだ問題提出用Excelファイルを、提出フォームよりご提出ください。提出前には、Excelファイル内の「問題提出同意書」「提出前チェックシート」という2つのシートを必ず確認し、記入してください。
問題提出同意書について

問題提出用Excelファイルには「問題提出同意書」というシートがあります。これは、問題提出に際し、確認頂きたい点について記したものです。必ず内容をお読み頂いた上で、「(以下問題提出者名記入欄)」の下のセルに作成者ご自身の名前を記入してください。記入欄にお名前を記載していない方や、スタッフより問題提出者名と提出者が一致しないと判断された方の問題につきましては、大会への採用を見合わせる場合がありますのでご注意ください。